クレジットカード現金化とは?

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為のこと。
もう一方のキャッシング枠は、発行元から借り入れするための機能であるため、キャッシング枠現金化の表現は間違い。
ショッピング枠に限定されることから、ショッピング枠現金化とも言われる。
他にも下記の名称で、同様の行為を示す表現が一般的に使われている様子。

  • クレジット現金化
  • カード現金化
  • クレカ現金化
  • 現金化
  • カードでお金

いずれにしても同じ目的であり、誇大な表現が用いられる業者が多く目立ちます。
当サイトでは、共通ワードである「現金化」の名称を用います。

選りすぐりのクレジットカード現金化業者はココ!

2018年12月時点での優良店比較順位
👑1位 Lifeが1位である理由
🔱2位 ゴールドラッシュが2位である理由
👍3位 ギフトクレジットが3位である理由

現金化の概要

利用可能額の範囲で決済することは、通常の使い方と変わりません。
これを業として営んでいるもの・個人で実現しているものは、以下のいずれかによる方法で、ショッピング枠の換金を可能にしていることが周知されています。

買取型の現金化とは

業者の表記で「換金率」として表記される場合には、買取による方法です。
商品を購入してそれを買い取ってもらう仕組みですが、販売店と買取店が異なる仕組みとなっています。
買取型の場合には、古物営業許可番号の掲載が必要ですが、ほとんどの業者で掲載が確認できません。

キャッシュバック型の現金化とは

業者の表記で「還元率」として表記される場合には、キャッシュバックによる方法です。
商品を購入し、その特典としてキャッシュバックを受けるので、購入先から現金を受け取る仕組みとなっています。
実際に商品を購入することなく、架空の取引によるショッピング枠の利用を促す業者は違法です。

現金化のメリット

  • クレジットカードのショッピング枠があるだけで、利用条件を満たす
  • 自分でも試みることはできるが、業者では手間を省けるだけでなく、確実性がある
  • 信用情報機関で情報の照らし合わせがないので、素早く現金を手に入れることができる
  • 貸金業者では避けられない勤務先への在籍確認や、自宅への在宅確認等は無いので家族に内緒にできる
管理人
そもそも利用する人がいなければ、今も業者は存在していないでしょう。
金銭的に困っておらず利用することを比較検討していない人からすると、利用する人の気持ちや状況について理解できるはずもありません。

現金化のデメリット

  • あまり人には言えない金策
  • 決して利益が出る仕組みではない
  • 悪徳業者・法律の枠を超えて営業している業者の存在
  • 信用情報機関での審査が無いので、無意識に使い過ぎてしまう可能性がある
管理人
これは確実なことですが、利用しないほうがいいに決まっています。
自分でやるにしても、業者へ申し込みをしたとしても、お金が増えることは無いからです。
前向きに利用を比較検討している方は、何かと換金率について気にしがちですが、最低限必要な金額に済ませることが、もっとも負担が少なく済みます。

現金化の違法性

一般の商取引の延長で取引していることにより、日常生活における商品購入・売買取引と変わらないことで今もなお営業が続けられています。

クレジットカード現金化する目的で利用した、カードホルダーよりも、業者に対して違法性の観点が向けられており、意外にも全国ではじめて検挙された業者は2011年08月1)カード現金化、出資法違反容疑で初摘発 警視庁-日本経済新聞 2011年08月05日のことでした。

実際には、業として直接取り締まりができる法律がないことから、東京弁護士会から立法化の意見書2)東京弁護士会から立法化の意見書-東京弁護士会 2011年02月08日を国(衆議院・参議院・金融庁・経済産業省・消費者庁・警察庁)に対して作成したことも。

今現在も立法化まではいたっていませんが、国(消費者庁)として利用しない旨の告知をしていることは事実です。3)消費者庁「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンのお知らせ-消費者機構日本

業者は従来のようにホームページを構えて営業するスタイルだけでなく、メルカリで現金化業者として営業する個人もいました。

巨大なプラットフォーム上で利用者を募るケースであっても、同じ現金化であることに変わりなく、こちらも出資法違反の容疑で全国各地にて一斉検挙が行われた実例があります。4)メルカリ違法貸し付け拡大 手口巧妙、犯罪に加担も-京都新聞

こうした背景から、換金対象となる商品に多様性を持たせることが流行中の手口であり、中でも顕著な方法としてAmazonギフト券現金化と呼ばれる方法を採用している現金化業者が急増中です。

クレジットカード現金化すると利用停止になる?

要約すると…

  • 業者によっては利用停止に対して「大丈夫ですよ」と一言で片付けようとする理由がわかる
  • 利用停止に至る仕組みと、その原因について知ることができる
  • 業者・個人で換金することに対する利用停止の考え方について知ることができる

クレジットカード現金化する事は、現金を借りることと同じ様に、臨時収入でも無ければ抱えている債務を帳消しにしてくれる徳政令ではありません。

クレジットカードを売る事でもなく、ショッピング枠の範囲内という条件の下に換金を実現できるとしていますが、発行元各社では換金目的で利用しないでと注意喚起をしています。

クレジットカードは自分のものではない!クレジットカードは借り物ですよ!!

クレジットカードをもつ手

クレジットカードは発行元各社が最初の手続きの中で、申し込み者に各種申込書と同時に利用規約への同意を求める書面にサインをした上で審査を通った者のみが利用を認められています。

女性
「そんな事当たり前じゃん」

しかし、当たり前を当たり前にしていないから問題になる訳で、クレジットカード現金化する目的での使用はその利用規約では認められる使い方では無いとして記述されています。

それでも何とか利用停止にならずに出来ないものか、多くの方々がネット上で調べられている様で当記事にも多くの方がアクセスされていますし、他の比較サイトでも利用停止に関する記事は、比較的よく読まれているようです。

男性
「そんな事覚えていないし、知らなかったで済むんじゃないの?」

利用規約に同意した上で所有をしているのですから、決まり事は守り続けなければいけないものです。

換金を目的とした利用では無く、商品を購入する目的があってショッピング枠で購入しなければ成立しません。

発行元では取引をモニタリングしているとされ、不正利用の可能性があれば所有者に確認の電話や使い道等を尋ねられる事があります。(実際に私も知らぬ人に不正利用されていた事をお電話いただき、事なきを得た事があります)

ここ最近になって出てきた金策方法ことも無くクレジットカード現金化する行為の歴史は古く、すでに10年以上もインターネット上で無店舗型として運営をしている老舗と言われる店舗があるくらいに続いています。

女性
「でも、業者はうちなら大丈夫って」

  • なぜ大丈夫なのか説明を受けましたか?
  • 「大丈夫」の一言で片付けられていませんか?
  • その説明は理にかなっていましたか?

クレジットカードはご自身が持っているかもしれませんが、本来の所有権は発行元にあることを思い出しましょう。

利用停止後に、業者がこれに変わる保証があるわけではありませんし、担保は一切ありません。

クレジットカード現金化する人は一回限りとは限りません

何度も利用すると発覚することもあり、注意しなければなりませんが・・・それでもリピーターが多いのも事実です。

実際に、とあるクレジットカード現金化する業者の中で、リピーター率を計算しているのか利用した人の約8割が2回目以降の利用があるとして、このリピーター率を売り文句にしています。

すでに10年の月日を超えて営業しているところもありますが、これを維持するには相当の利用者数がいる・何回も利用している人がいるはずです。

比較サイトでもリピートランキングとしてランキングを掲載していますが、これには疑いの念を駆られるものがありませんか?

比較サイトのスタンスであるはずが、リピート率やリピーターの申し込み件数を計測していると判断できますので、まるで比較サイトが換金を請け負っている様に感じさせる事であり、もしかしたらリピートランキング1位の業者が比較サイトを作成しているのではないかと考察できます。

そこで、業者を繰り返し利用してしまう可能性が高い人の特徴をまとめました。

  1. 浪費癖のある人は利用しすぎに注意
  2. クレジットカード現金化する行為は、とても便利な仕組みです。

    キャッシングが利用できない人であっても気軽に利用することができ、発行元会社に見つからなければ何度でも利用出来るらしいのですが、こうしたことからクレジットカード現金化する業者は、何度も利用してくれるリピーターを持っていることが多いとされています。

    新規の利用者が少なくても多くの顧客・利用者がいるということで、業者が次々と誕生するのもムリはありません。

    とはいえ、利用者もショッピング枠の限度額いっぱいまで利用するのは、控えたほうがいいでしょう。

  3. リピーターが多い業者は優良店?
  4. クレジットカード現金化する行為が寛容されていない事は、すでにご理解されていると思います。

    だから何度も利用する人が多い業者は、サービス内容もよく、利用者にとってのリスクヘッジも考慮されていると言えます。

    何度も利用するうちに利用停止となれば、口コミや体験談でその事実が発覚するはずです。

    きちんと現金調達を可能とする業者であれば、使いやすく、何度も利用したくなるかもしれません。

    だからこそ、情報量が豊富な比較サイトを閲覧し、問い合わせをした上で選ぶようにしましょう。

    公平に作られている比較サイトのチョイスも重要で、とくにテーマとしては取扱いの難しい部類に入り、キャッシングのようにプッシュしてオススメすることが出来ません。

  5. 購入する商品や利用する業者を変えれば利用停止にならない?
  6. クレジットカード現金化することについて、すでに経験されている方は業者から説明を受けているかもしれません。

    利用停止に対する案内は業者それぞれで対応が異なりますが、「説明を受けていない方」・「はじめて比較検討されている方」に注意を促す意味でこちら記述します。

    対象となる商品や業者を変えても、目的が同じであれば意味がありません。

    あまりクレジットカード決済をしたことがない人が、いきなり高額な取引が連続したり、限度額いっぱいまで利用するのはどう考えても不自然ですよね?

    安易な考えは誰でも予測が付くことです。

クレジットカード現金化する行為は、クレジットカード会社の定める利用規約で禁止事項に指定されているのですから、あくまでも公平にサイト作りをしているところを参考にしてください。

悪質な業者の見極め方や利用の際の注意点など、内容が充実している比較サイトを参考に優良業者を選びたいところですが、実は比較サイトにも注意すべき事柄があります。

注意
実際に記事を参考として、クラウドソーシングのサイトで記事作成を発注している業者が存在してるので気を付けてください。
※外部比較サイト:悪徳比較サイトの存在に要注意!!

注意!比較サイトや口コミサイトの情報を鵜呑みにするな!

クレジットカード現金化する業者の口コミサイトや、2ちゃんねるの関係スレッドなどでも、店舗の批評や換金した事で利用停止になったなどの投稿が目に付きます。

だからと言ってクレジットカード現金化すると、すべての取引が利用停止になるかと言えば一概にそうとは言い切れないのです。

クレジットカード現金化する業者に対して申し込みする方は、支払いにリボ・分割払いを選択する傾向にありますが、その金利手数料は発行元にとっても貴重な資金源になっているので、実際には少々疑わしい点があっても目をつむり現実の利益を取る傾向にあると比較サイトで紹介されている事すらあります。

発行元にとっての脅威は利用者が支払いが出来なくなった結果、弁済金が焦げ付く事であり、そして支払い遅延や滞納が無ければとくに問題ないのかも知れません。

以上の点を考慮すれば何度も利用しても、ペナルティは受けないかもしれません。

しかし、現実はそう甘くなく細心の注意を払う必要があります。

POINT

それは何故かというと発行元によって制限やセキュリティの基準が異なるからです。

口コミサイトでこうした事項について確認する事自体がナンセンスであり、所有するクレジットカードの発行元が同じである可能性が高いとは言えません。

発行元によっては支払い遅延が続いても大丈夫な所もあれば、一度でも疑いが挙がるとと利用停止にする所もあるのです。

クレジットカード現金化するために、なるべくリスクを抑えたいのであれば、ご自身のクレジットカードがペナルティの基準が厳しいかどうかを見極める必要があります。

もっともこの事項については店員が一番よく理解しているはずです。

クレジットカード現金化する事だけでなく、すべての現金調達方法は利用しない事が望ましい

比較検討中の方には申し訳ないのですが、もっとも一番望ましいのは現金調達を考えない事です。

注意
クレジットカード現金化したことによる、利用停止に関わる責任について、当サイト以外にも数多くの比較サイトや口コミサイト・その他体験談と思われる書き込みなどを精査致しましても、業者が責任を取って何かをしてくれるという内容は確認出来ませんでした。

何度も換金をする人はいらっしゃるかもしれません。

何度も利用する事が決してよい事では無いと言え、単純に利用規約云々ではなく、自分自身の経済環境に適切な現金調達なのか自分自身に問いかけ、判断する能力が必要です。

管理人
結局金策を要する事態へ招いたのは紛れもなくご自身の行動ですから、貸金業者や貸してくれる方々に対して返済する事は常識です。
クレジットカード現金化する業者への風当たりも強いですが、ご自身の反省無くして、お金を工面する行動が止むことはありません。

本当に借金だらけで首が回らないと言う方は、債務整理をすることも念頭に置くべきでしょう。

司法書士と弁護士が、債務が返済しやすいように債権者に対して新たな契約を結び直したり、裁判所の免責を受けて支払い条件を債務者にとって有利な形に和解を取りつけるなど、債権者よりも債務者(資金需要者)を救済する為の方法です。

外部リンク

脚注   [ + ]