平沼赳夫
ごあいさつ
活動報告
動画メッセージ
政策提言
平沼は語る
ギャラリー
プロフィール
選挙ドキュメント2000
ご意見箱
リンク
スタッフルーム
後援会入会/個人寄附申込
spacer 活動報告
北方領土でのロシアによる軍事演習実施に対する抗議声明



 ロシア国防省は7月4日、6月下旬から7月上旬にかけてシベリアと極東地域で実施された大規模軍事演習「ボストーク2010」の一環として、北方領土・択捉島において軍事演習を実施したと発表した。演習では兵員1500人のほか軍事車両200両が動員され、仮想敵殲滅のための偵察・捜索、戦車や自走砲部隊の砲撃などを機動的に訓練したという。
 わが国の領土で大規模な軍事演習を実施したことは、明らかにわが国に対する軍事的挑発行為であり、断じて認められない。
 この軍事演習に対して岡田克也外相は7月6日夜、記者団に対し「範囲が択捉島の演習場も含むなら、北方四島に対するわが国の法的立場にかんがみて到底受け入れられない」とロシア側の対応を非難すると共に、直ちにモスクワの日本大使館を通じてロシア側に抗議した。
 しかし、外務省によれば、今回のロシアによる軍事的挑発行動に対し、外相による正式な抗議談話を出す予定もなく、具体的な対抗措置も検討していないという。ロシアの軍事的挑発行為を事実上、容認するかのごとき民主党政府の対応は甚だ遺憾である。
 私ども「たちあがれ日本」は、北方領土での今回の軍事演習に対し強く抗議するとともに、極東の平和と安全のために、ロシア政府に対し択捉島の軍事基地を撤去し、四島返還協議に速やかに応じるよう要求する。

平成22年7月7日

たちあがれ日本 代表 平 沼 赳 夫

もどる


skyお問合せはこちらまで
info@hiranuma.org
Copyright (C) HIRANUMA Office. All Rights Reserved.