梅梅
新年の御挨拶
photo 新年明けましておめでとうございます。
 皆様には平素より大変お世話になっておりますことに心より御礼を申し上げます。
 特に昨年十一月の第四十三回衆議院議員総選挙におきまして、自民党党員の皆様、ご支援者の皆様からの強力なご支援を賜り、おかげをもちまして八期目の当選を果たすことが出来ました。皆様から私に課された責任として、日本の将来を確かなものにすると共に、引続き郷土岡山発展の為に全力で取り組んで参る所存であります。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
 私が今回の選挙期間中に地元に居られたのは、公示日一日と最終日の夕刻一時間半だけででありました。地元の皆様には大変申し訳ないことでありましたが、現在山積する難題にきちんとした対応をして参るためには、責任政党・自由民主党の同志が一人でも多く当選させていただき政局の安定を実現する必要があるとの思いから、北は北海道から南は九州まで、全国のべ三十八選挙区の候補者の応援に参らせていただきました。

photo しかし結果として与党全体では絶対安定多数を確保したものの、自民党には大変厳しい国民の審判が下されました。その厳しさは全国を回らせていただいている時にも強く感じられました。これは将来に対しての国民の皆様の不安、不信のあらわれであり、そのことを我々政治家は肝に銘じておかなければならないことであると思います。今こそ未来を確かなものにするための方向性と座標軸をはっきりと示さなければなりません。
 やや明るい兆が出てきたとは申しながら、大変厳しい経済情勢が現在も続いています。
 私は改革と経済活性化は「車の両輪」であると思っています。改革の実行は待った無しで進めなければなりません。問題を先送りにして遅滞することはもはや許されない状況だと思います。しかし同時に景気を回復させるための諸政策も積極的に行う必要があります。

photo このふたつの車輪が上手く調整がとれてこそ、我が国はきちんと前へ進むことが出来るのだと思います。改革だけ、景気刺激策だけ、どちらか一方だけを優先するのでは同じ所をグルグル回るだけで前に進むことは出来ません。
 私は経済産業大臣在任中から、我が国経済の根幹を支えていただいている中小企業をしっかり守り育て、将来に向けて安心していただける環境の実現に向けて全力を傾注して参りました。一生懸命真面目にに頑張っていただいている中小企業の皆様方、その血のにじむようなご努力にしっかりとお応えし、正直者が損をしないシステムの確立こそが何よりも求められていると思います。我が国経済のもはや「呪縛」となっている金融機関の担保絶対主義からの脱却に真剣に取組んで参る所存であります。

photo 自衛隊のイラク派遣問題は、米国追従か否かが問題なのではなく国際社会の中で我が国がいかにして国際貢献を果たすべきかと言う議論が必要です。悲しむべきことに非道なテロの危険はもはや世界のどこにいてもあります。そして治安の悪い状況の中で本当に困っているイラクの人々への人道支援は、きちんと訓練され自己防衛能力が備わった組織でなければ効果をあげることは困難です。そして何よりも我が国の自衛隊には大規模災害での救助活動・復興活動においての豊富な経験と卓越した遂行能力があります。民間NGOなどが行う人道支援、政府が行う経済支援とともに国際社会との協調・協働活動のひとつとして自衛隊などの人道支援活動、PKO活動への参加など目に見える人的な国際協力を積極的に推進することが必要です。それが先進国として我が国に期待されている責任であり、ひいては日本の国益に繋がるものと考えています。

photo 昨年末に「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」の会長に就任しました。拉致はテロであり、明白な国家犯罪です。長年にわたるご家族のご心痛は筆舌に尽くしがたいものがあります。一日も早い解決に全力を尽くして参りたいと存じます。
 本年は参議院議員選挙の年です。皆様には何かとお世話になりますが、岡山選挙区・自由民主党公認候補の加藤紀文先生の必勝を期して私も全力を尽くして頑張って参りますので、何卒お力添えを賜りますよう心よりお願いを申し上げます。
 本年も何卒宜しくお願い致します。

平成16年(2004) 初春
自由民主党岡山県第三選挙区支部長 衆議院議員 平沼 赳夫

address お問合せはこちらまで
info@hiranuma.org

Copyright(c)2000 HIRANUMA office - All rights reserved